『中間処理』の方法として、日本|おとぎ屋スパット研太郎

お問い合わせ ご注文はこちら

おとぎ屋ブログ

『中間処理』の方法として、日本

おとぎ屋スパット研太郎です。
包丁、ハサミ、その他刃物
今日もがんばってお研ぎいたします。

『中間処理』の方法として、日本で最も一般的に行われているのは「焼却処理」です。
「焼却処理」は、減量化効果が高くて、病原菌などの滅菌効果にも優れています。このため、日本のように国土が狭くて最終処分場の確保が難しく、また、季候が高温・多湿の場所においては、「焼却処理」が最も適した処理方法とされています。日本の焼却技術は、世界的にみてもトップレベルであり、焼却前後のごみ量を比べると、重量比で約10分の1、体積比で約20分の1の減量化が行えるといわれています。
また、最近の動向として、ごみの広域的な処理や安定運転、有害物質の排出削減などを目的に、24時間連続運転が可能な「連続炉」を導入する施設が増えています。また、「連続炉」を導入すると、焼却熱が安定的に供給できるため、余熱利用の用途が広がります。1日の処理規模が300トンを超える焼却施設の多くでは、余熱を利用した「ごみ発電」が行われています。
一方、焼却以外には、粗大ごみや不燃物を破砕し、磁力やふるいなどを用いて可燃物・鉄・アルミニウム等に分類する方法や、廃プラスチックや古紙などの可燃ごみを粉砕・乾燥した後に圧縮・固化して固形化燃料にする方法、リサイクルの効率を上げるために回収した資源物を選別・圧縮する方法などがあります。

2016年04月2日更新|カテゴリー:ものおもい

『循環型社会』の輪をきちんと完

おとぎ屋スパット研太郎です。
包丁、ハサミ、その他刃物
今日もがんばってお研ぎいたします。

『循環型社会』の輪をきちんと完結させるためには、3Rの循環の輪に乗り切れなかった廃棄物(ごみ)を適正に処分する必要があります。
適正処分を分類すると、(1)廃棄物を減量化・安定化・無害化する「中間処理」と、(2)中間処理後にどうしても『リサイクル』できずに残った廃棄物を正しい方法で埋め立てる「最終処分」とに分かれます。

2016年03月29日更新|カテゴリー:ものおもい

『熱回収』とは、廃棄物を焼却す

おとぎ屋スパット研太郎です。
包丁、ハサミ、その他刃物
今日もがんばってお研ぎいたします。

『熱回収』とは、廃棄物を焼却する際に発生する熱エネルギーを回収して、有効活用することをいいます。(熱回収をサーマルリサイクルや、サーマルリカバリーという場合もあります。)
熱回収の具体的な例として、ごみ焼却施設の焼却熱を回収し、施設内で利用(暖房や給湯)したり、地域の冷暖房などに活用することが挙げられます。また、ごみ焼却施設の焼却熱から発電する方法もあります。この他にもエコセメントを製造する際の廃熱や、古紙やプラスチック類などを原料にした固形燃料(RPF)から熱回収する方法もあります。
県内では、市町村などのごみ焼却施設で、熱回収が行われています。また、県内の一部民間の廃棄物処理施設でも熱回収が行われています。

2016年03月25日更新|カテゴリー:ものおもい

『リサイクル』が成功するために

おとぎ屋スパット研太郎です。
包丁、ハサミ、その他刃物
今日もがんばってお研ぎいたします。

『リサイクル』が成功するためには色々な条件があります。
その中でも、『リサイクル』されてつくられた製品(リサイクル製品)を、私たちがきちんと利用しているかが重要な鍵になります。
これが満たされないと、「リサイクルの輪がつながらない状態」になってしまいます。せっかく手間ひまかけて作られたリサイクル製品も消費されないと、結局はごみとして捨てられてしまうということにもなりかねません。
みんなでせっかく作り上げた「リサイクルの輪」。そのリサイクルの輪が途切れてしまわないように、リサイクル製品をはじめとする環境にやさしい製品の購入にも努めていきましょう!
環境にやさしい製品を選ぶときには、エコマークやグリーンマークなどの「環境ラベル」が目安になります。

2016年03月21日更新|カテゴリー:ものおもい

家庭や事業所から出たごみを市町

おとぎ屋スパット研太郎です。
包丁、ハサミ、その他刃物
今日もがんばってお研ぎいたします。

家庭や事業所から出たごみを市町村のルールに沿って分別すれば、ごみを資源物としてリサイクルできるし、埋立処分されるごみの量も少なくなります。
例えば、『リサイクル』するガラスびんに、なべや皿などの「耐熱ガラス」が混ざっていると、製品にならない欠陥びんが作られてしまい、結局はごみになってしまいます。
つまり、リサイクルの成功の鍵は「ごみの分別をキチンとする」ことにあります。
「ごみの分別」は手間ひまがかかるものですが、私たち一人ひとりが循環型社会をつくる一員であることを自覚して、ごみの分別排出やリサイクルに協力していくことが大切です。

2016年03月17日更新|カテゴリー:ものおもい

ペットボトルでは、ガラスびんの

おとぎ屋スパット研太郎です。
包丁、ハサミ、その他刃物
今日もがんばってお研ぎいたします。

ペットボトルでは、ガラスびんのような「ボトルからボトルへ」のリサイクル技術はほとんど実用化されていません。このため、回収されたペットボトルは、粉砕してフレーク状にしてから、服やカーペット、卵のパックや果物のトレイ、洗剤の容器などとして、リサイクルされています。

2016年03月13日更新|カテゴリー:ものおもい

ガラスびんもリサイクルの優等生

おとぎ屋スパット研太郎です。
包丁、ハサミ、その他刃物
今日もがんばってお研ぎいたします。

ガラスびんもリサイクルの優等生です。
ガラス原料は、天然資源を使っても、回収されたガラスびんを砕いたカレットを使っても、品質には差が出ないからです。このため、現在では、ガラス原料の9割以上がリサイクル工程で作られたカレットで占められています。

2016年03月9日更新|カテゴリー:ものおもい

段ボールはリサイクルの優等生と

おとぎ屋スパット研太郎です。
包丁、ハサミ、その他刃物
今日もがんばってお研ぎいたします。

段ボールはリサイクルの優等生とされています。回収された段ボールの9割以上が再び段ボール原紙として利用されています。回収された段ボールは、だいたい7回くらい、リサイクルされています。

2016年03月5日更新|カテゴリー:ものおもい

『リサイクル』とは、使用済み製

おとぎ屋スパット研太郎です。
包丁、ハサミ、その他刃物
今日もがんばってお研ぎいたします。

『リサイクル』とは、使用済み製品や生産工程から出るごみなどを回収して、再生利用しやすいように処理・加工し、新たな製品の原材料として再び使用することをいいます。(なお、原材料として再び使用する『リサイクル』を、「マテリアルリサイクル」という場合もあります。)

2016年03月1日更新|カテゴリー:ものおもい

ゴム手袋を使ったお掃除の知恵

おとぎ屋スパット研太郎です。
包丁、ハサミ、その他刃物
今日もがんばってお研ぎいたします。

ゴム手袋を使ったお掃除の知恵
ゴム手袋を手にはめ、その上に軍手をはめれば、細かい部分のお掃除が楽に。
乾拭きで照明器具のお掃除、水にぬらせばサッシの溝、ブラインドなど、専用の掃除用具がなくても簡単に掃除できます。
また、ゴム手袋を手にはめた状態でカーペットをなでれば、ホコリや髪の毛がたくさん取れます。
これで粘着式のコロコロはいりません。

2016年02月26日更新|カテゴリー:ものおもい

HOMEお知らせ初めての方へおとぎ屋スパット研太郎とはご注文の流れよくあるご質問料金表
お問い合わせ注文フォーム代理店募集個人情報の取扱いリンクサイトマップ
このページの先頭へ戻る